読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンクとグレーを読んでいない、見ていない段階での気持ち

62分後ヤバイとは一体どういうことなのだろうか。今はそれが頭の中でぐるぐるまわっている。

 
先日、映画グラスホッパーについての記事を書いた。
これを書きながら思ったのが、本も映画も知らないときの印象、本を読んだだけの感想、映画を見ただけの感想、そして本を読んで映画を見たあとの最終的なまとめの自分の感想がほしいなというものだった。もちろん、普通は本か映画をどちらか先に目にするし、記憶を消せもしないので、そんなことは不可能である。でも、もしできるのなら、それを形に残せたなら、あとで感想を見返したときにきっととても面白いだろうなと思った。
だからせめて、せっかくの自担の初主演映画を存分に楽しむためにも、自分でできるだけの感想は残したい。映画だけと本だけの感想は共存できないので、映画だけの感想を優先した。私はつい、原作のほうが"正しい"といったスタンスで見てしまうので、それを避けるためだ。グラスホッパーで学んだことを活かそうではないか。つまり私は、ピンクとグレーの本も映画も知らない状態、映画を見た後、映画を見て本を読んだ後の3つの記事をピンクとグレーについて書くつもりなのだ。そして、この記事はそのひとつ目にあたる。
まだあらすじや雑誌のインタビューなどの情報しか知らないので、試写会に行かれた方や本を読まれた方からすると見当違いなことを書いているかもしれないが、そこは許してほしいところである。 
 
まず、裕翔くんが主演と分かるまでのピンクとグレーの印象はどうだったか。
正直、「ピンクとwwwグレーwwwwwピンクとグレーてwwwww」みたいなツイート?か誰かの掲示板への書き込みの記憶だけがある。誰が言ったのかも覚えてない。私は「へえ、まぁピンクとグレーって確かにタイトル意味分かんないしな」と思って誰かのその発言を見ていた。これぐらいの記憶しかないし、これ以上もこれ以下も何も思っていなかった。興味が無かったとも言える。おまけに「どうせジャニーズが書いた文なんて大したことないだろ」と、失礼な認識も持ち合わせていた。この時点で内容は1ミリも知らない。
 
そんなこんなでダラダラと裕翔担をやっていたら、いきなりピンクとグレーで裕翔くんが初主演をすることが発表された。びっくりした。すると、既にピンクとグレーを読んだ方々の「裕翔くんはりばちゃん?ごっち?」といったツイートを多く見かけた。ここで私は「ひとまず裕翔くんはりばちゃんかごっちという役なんだな」と思った。とりあえずサイトに行ってあらすじなどを確認してみると、なんと「りばちゃん」という役がやまゆと氷河期の裕翔くんにぴったりではないか!ここで勝手に私は裕翔くんは「りばちゃん」だと判断し、続報を待つことに。(結局裕翔くんはごっち役らしいのだが、私は未だにしっくりこない。)
 
中々続報がないので、とりあえずピンクとグレーを買って読んでしまおうかとも思ったときもあった。でもなんとなくやめた。今ではこのなんとなくやめた自分に感謝している。なんとなくって大事。現在の私は映画を見終わってから、本、そして漫画を読むつもりでいる。色々考えた末、これが自分にとって最良の順番だと考えているので、あの時なんとなく読んでしまわなくて本当に良かった。
 
また、どのタイミングかは忘れたのだが、シゲの一万字を読んで、ピンクとグレーが書かれた経緯を知った。小説の内容云々以前に、書かれて出版されたこと自体が、シゲにとってもNEWSにとっても、すごく重要な意味合いを持つ小説なんだと感じた。 
 
 
そして、ツアーが始まった。
そこにはMCでピンクとグレーの宣伝をする裕翔くんがいた。微笑ましかったし、嬉しかったけど、「いや宣伝ばっかで普通のMCの時間つぶすなよ」と思ったりもした。ネタバレに関わるから、ぼんやりとした説明だけして終わる宣伝だったので、本を読んでないなりに、その辺から色々想像していた。
そして、福岡公演が終わったあとの私のツイートは完全にフラグを立てていたのである。
f:id:lululu5678:20151204140413j:image
冗談のつもりだった。本当に。この後友達から「死ぬシーンあるからじゃないの?」と言われて、「あっなるほどね!まぁラブシーンやらないんだったら死ぬシーンぐらいどうでもいい」とすぐに言っていた。
それが?まさかの?釜山国際映画祭後のみなさんの感想ツイートを目にすると????
驚きの展開である。正直62分後よりこっちのほうがヤバイ。62分後はどうでもいい、こっちのほうが何よりもヤバイ。公式ツイッターのうざさなんか気にならないぐらいヤバイ。
なんと私がベストジーニストだなんだと騒いでる間に、中島裕翔さんはラブシーンもこなす役者さんになっていらっしゃったのだ。
 
私は裕翔くんの「清廉さ」が好きなオタクなのでかなり落ち込んだ。分かりやすくいうと、私は中島裕翔くんと新垣結衣に同系統の感情を持っている。つまり、何者にも汚されない処女性のようなものを求めていた。純真無垢で清純派で天使なアイドルの裕翔くんが私が一番好きな裕翔くんなのだ。
その天使が突然「ベットシーンのあとグロスで唇がベタベタになりましたね(笑)」とかインタビューで言い出すもんだから、こっちはたまったもんじゃない。私は裕翔くんことを常々ショタだと思ってきたが、どうやら裕翔くんは立派な22歳に成長していたらしい。
これ以上語るとキモオタいい加減にしろとなるので黙るが、とてつもなくショックだった、ということを伝えたい。
 
まあれそれはそれとして、じゃあ映画を見ないのかと言われるとそうもいかない。ピンクとグレーの裕翔くんに前髪が無ければ、もちろん見ないという選択肢もあった。けれど、ピンクとグレーの裕翔くんは前髪があるどころか恐ろしくビジュアルが良いのだ。演技のお仕事の度に前髪が無くなり、ビジュアルが微妙になる裕翔くんを残念に思っていたので、これは本当に嬉しい。前髪がある裕翔くんは、めちゃくちゃかっこいいしかわいいのだ。行定監督様々である。これをフルスクリーンで見る機会をみすみす逃すのは裕翔担として非常に惜しい。
 
そこで私は上映中は貶し愛モードを発動することに決めた。「ちょっwwなんか急におっぱじてめるんですがwwwキモww」みたいなノリで見ればいけるのではないか。「裕翔くんマジ天使♡」みたいなテンションでいるからラブシーンがきついのであって、要はこちらのスタンスを変えればいいだけの話である。
私はジャニオタになって数年は恥ずかしさ故か貶し愛というスタンスでオタクをやってきたので、この作戦でいけると信じている。どうにかして自担のラブシーンを乗り切ってみせよう。
 
 
 
話は変わるが、裕翔くんはツアー中のMCで一人二役する的なこともペラっていた。一人二役とはどういうことだ?と頭を捻ってはみたものの、未だにその辺はイマイチよく分かっていない。その一人二役が、62分後ヤバイへ繋がるギミックを担っているのだろうか。
私は今のところ、そのギミックを映画「イニシエーション・ラブ」のようなものだと想像している。ずっと同じ人の話だと思ってたら、実は違う人の話でしたー、みたいな。流石にイニシエーション・ラブの丸パクリはしないだろうから、まぁなんか色々と違うんだろう。全然内容を知らないので、全部憶測でしかないのだが。
 
そう言えば、イニシエーション・ラブは原作との違いについてのレビューを多く見かけた。あのからくりをどう映画で表すかが原作ファンの見どころだったからだろう。実写化はやはり原作との比較に焦点が当てられることが多いわけで、実際私もグラスホッパーについてかなり言及した。小説が良かったからこそ、映画が残念に思えたところが沢山あったのである。
ピンクとグレーはどうだろう。原作をまだ読んでいないため、小説が良いのか悪いのかも分からない。こちらもまたかなり原作と変わっていると聞いている。せっかくの初主演映画、「やっぱり原作のほうがよかった」とはなってほしくないし、私もそう思いたくはない。
 
原作者であるシゲは映画についてどう思っているのかも非常に気になるところではある。今のところあまり合意の上で映画化が決定したようには見えないのだが…。ここまでピンクとグレーの情報を追ってきたが、これといって映画に好意的なコメントは無かったような気がする。私が見逃しているだけであればいいのだけれど。まぁ原作者からすれば、大幅な改変というのは腹が立つことこの上ないと思うからしょうがないのかもしれない。NEWSのために何かできることはないかと必死でピンクとグレーを書き上げたシゲ。ジャニーズという特殊な環境にいる彼が実際に感じたことも書かれているだろう。改変されたくないというくらいの思い入れがあったとしても頷ける。まぁ真偽のほどは分からないので、またほとぼりが冷めた頃に何か語ってくれたらと思う。
 
それしてもピンクとグレーを上映する映画館、少なすぎやしないだろうか。
何かとグラスホッパーを引き合いに出して悪いが、グラスホッパーは全国でこれだけの映画館で上映されている。
一方、ピンクとグレーはこの有り様。
東北、九州に住む人は映画を見るためだけのために、ちょっとした遠征を余儀なくされる。中にはコンサートの遠征と同じレベルで移動しなくてはならない地域の人もいるだろう。これでは、「テレビを見て興味を持ったからちょっと見にいってみよう」ということは無理だ。どれだけテレビやラジオや雑誌で宣伝しようと、気軽に行けるところに上映している映画館が無ければまるで意味が無い。もったい無いなあと心底思う。
上映する映画館の数がどのようにして決められているのかは私には分からない。もしかしたら、原作の知名度、裕翔くんのネームバリュー、話題性を考慮した結果こうなったのかもしれない。妥当なのかもしれない。
でも、やっぱり残念だ。
 
全然宣伝しなくて、「マイナー映画です」みたいな感じを出していたら、この扱いでも分かる。私だって全ての映画が全国展開されるわけではないことぐらい知っている。でも、これだけ色んなところでいっちょ前に宣伝しておいて(ファンだからそう思うのかもしれないけど)、近くに上映してる映画館が無い人がいるってひどいと思う。こんなに宣伝されたら近くの映画館に行けば見れるもんだと思ってしまう。せっかく裕翔くんの初主演映画で、シゲが心血注いで書いた小説が原作で、釜山国際映画祭にまで行ったのに…。
裕翔くんの活躍をできるだけ多くの人に見てもらいたいのに、それが叶わないのが現状である。虚しいなあ。
 
 
宣伝といえば、大阪のNU茶屋町でピンクとグレーの小道具展をやっているらしい。京セラのカウコンのときにでも寄ろうと思っていたが、あの少ない展示数でさらにカウコンで混んでるとなると普通にめんどくさいので行かないと思う。映画をまだ見ていないから、小道具を見てもあまりピンとこないだろうし。でも写真で見たギターは水色で可愛くて裕翔くんっぽいなと思った。そしてあの雑誌は実際に売ってほしい。あとは何枚も遺書があるのが気になったけど、そこは情報の足りない頭で色々考えても謎のままである。
 
当たり前だけれど、本を読んでいないので、予告動画や雑誌のインタビューやWSなどでの断片的な情報しか私にはまだ入っていない。私の中でそれぞれの情報が独立していて、どう繋がるのかまるで読めない。だから、早く映画を見て、点と点を繋げたいなあと思う。
楽しそうに自転車をこぐ裕翔くん、モデルをする裕翔くん、作詞する裕翔くん、喧嘩する裕翔くん、首吊りする裕翔くん。私にはまだ全てが裕翔くんにしか見えていないし、ごっちにもりばちゃんにも見えない。同じ映画の中に存在するはずの色んな裕翔くんが繋がって見えないので、今は非常にモヤモヤしている。あの鮮やかな青春群像とも言えるシーンが、どのような過程を経てダークな感じに行き着くのかまるで想像できない。映画が楽しみなワクワクと、解消できないモヤモヤが私の中に同居しているのが現状だ。ベッドシーンと62分後、果たしてどちらのほうが私にとってヤバくて衝撃的なのだろう。
あーあ、早くピンクとグレーを見て、スッキリしたいなあ。
 
 
 
 
今日はなんとなく、ですます調で文章を書きませんでした。なんかこっちの方がよりはてなブログっぽいですね(笑)
 
 
 
 
 
おわり。